読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「永遠」という言葉について

言葉について考える

永遠という言葉には、2つの用途がある。

 

1.終わりがなく、ずっと続くこと

2.感覚の程度の表現として、「すべてを上回るものであること」

 

1に関して言えば、永遠というものは存在しないと思っている。永遠を保証するには、永遠を記憶する人間が最終的には必要だ。ただ、それは人間にはできない。

 

2については、生活のなかでは、こちらを使うことが多いと思う。「とても」だとか「すごく」だとか「一番」だとか、それらを上回る表現として「永遠」はある。

 

「永遠に君を愛するよ」という台詞は、「すごく愛しているより一番愛しているより、もっと君を愛している」と言っているのと同じだ。

 

人には寿命があり、いつかはいなくなる。誓われた永遠の愛は、果たしてなされるのか?  歳を取ってから聞いてみるのは一つのいい手だ。それなら、記憶から答えを得ることができる。