読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足りない情報量とアクセスできない不安

ルール

本屋に行くときに、軽い買い物だからと、パソコンもスマホも持って行かなかった。

 

家を出て、自転車で走っていたら、ぼんやりと不安になった。なんについてのものか、目的地につくまで考えたのだけど、情報量が足りなくなる不安なのだと思う。

 

行き慣れた書店だったから、途中で道に迷うわけでもない。Googleマップはいらない。

 

帰りのカフェで、買った本に浸っているとき、わからない単語が出ても調べる気もなかった。読み飛ばせばいい。

 

私の生活は、一部分を切り取っていけば、本一冊で情報量が済むときがある。

 

インターネットにアクセスできる装置がない生活も、ときどきは作らないと、持っていなかったときの感覚を忘れてしまう。

 

「いつもと比べて足りないから」という理由で、いままでの習慣に戻ろうとする動きを、疑うときがあってもいいなと思った。