読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことがないなら、あいうえお作文でもすればいい

毎日の更新をいちおう、目標にしている(今日で21日目連続)。

 

書くことがないってことは、厳密にいうと、ありえない。

 

友人に「それはさすがに嘘だ」と言われた。でも「本当にないなら、あいうえお作文でもして記録をつけたことにすればいい」とそのときは言い返した。

 

【きょうのできごと】

・あ 青い空が広がる暑い日でした。夕方になっても夜になっても蒸し暑い。

 

・い インド哲学を専攻していた親戚が、年内には東京に来るそうです。

 

・う 上野でシャツを買おうと電車に乗っていたときに思い出した。

 

・え 「エモさ」について友人と話した。もしかして芸術以外のシーンでも使う?

 

・お 大阪の松尾モノさんの個展、行きたかった…。

 

という風に、「きょうのできごと」というテーマで、あいうえおのフレームに要素を埋めていけば、それっぽく一日を思い出すことができる。

 

書くことがないんじゃなくて、「アイデアをひねり出す枠組み」がないだけなのだ。

 

思考の抽象度が高いことはよいことだ。

 

でも、自分の目に本当は何が映って何が動いているのか、ぼーっと眺めてみるのもたまにはいんじゃないか。

 

観察するまでの集中はしてないまでも、ちょっとずつ小さく見ていけば、昨日と同じ今日なんてないこともわかる。

 

それってつまり日々をよく見てけば、退屈しないってことになるんだけど、どうなんだろう?