読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤解されてもいんじゃない

時間が根本的になくて吐き捨てるように言い逃げされたり、論理的な話し合いでなかったり、素直に答えたら落ち度を自分のせいに暗にされたり。

 

それでもいいんじゃないかと思う。

 

誤解に嘆いていても、そのぶんの時間が惜しい。無理解に囲まれていても、唯一であることは寂しくなることではない。より自分の理想的な「秩序だったここではないどこか」を考えても仕方ないんじゃないか。

 

岡本太郎は「誤解の満艦飾」になれと言ってたという。

 

これから先、たくさんの誤解をされるだろう。そしてするだろう。誤解についてもうちょい考えを進めていきたい。