読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「過去、未来、現在」を簡単に考えてみる

言葉について考える

過去は、コントロールできない。変えることができない。現在から、過去の解釈を変えることはできる。

 

未来は、コントロールできる。ほんの一部だ。正確に言ってしまえば、未来はコントロールできないかもしれない。それでも、コントロールすることを諦めていいわけではない。諦めないことが必要なのは、現在のときだ。

 

現在はいちばんコントロールが利く。過去の解釈は、現在からしている。未来の解釈も、過去を参照して、現在からしている。未来は、実は、現在の連続した先である。「いつか」なんて日はこない。

 

過去を後悔しないためには、納得のいく現在にするしかない。満足がいっている現在からじゃないと、豊かだった過去は見えない。そのために、現在で行動をする。

 

未来を予測することは、未来に向けて行動をすることだ。でも、未来に行くことなんてできないから、現在のときに行動する。「未来に生きてる」という表現は多少の現実逃避を含んでいる。悪いことにはならないけれども。

 

ほとんどの人は、現在、現実を省略したり拡大したりして生きている。そうやって行動したり行動しなかったりしている。