読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠いときに書けること

いつも0時までに書いている。眠いときもある。

 

なにも思いつかない。そんなこともよく発生する。

 

あいうえお作文でもすればいいじゃないかと自分で書いていた。今日は、そんな気分でもない。時間がだらだらと過ぎていく。眠いから焦りもしない。

 

時間は止まっている感覚にならないのは、意外と言えば意外か。

 

夜の砂浜にひとり立っていて、快も不快もなく静かに砂の動きを眺めている感覚だ。暑くもない。寒くもない。死の予感もせず、砂に飽きたら遠くのなんにもなさそうな海の向こうでも見る。風がつよく吹くことなんてない。

 

時間を気にしなくなるのは、集中しているときだ。眠たくって、急いでもない夜には、時間が目に見えるようだ。雨も降りだした。ラジオからはMCの小さくてコケティッシュな声が聞こえる。

 

眠いときってそんな感じだ。小さいころから変わらないことだと思う。