読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怠惰で神経質な人のためのバスマット不要論 〜お風呂を出たら、タオルを敷こう〜

お風呂場から出たら、まず行うことはなんだろう?

 

そう、足の裏を拭く。

 

バスマット、足拭きマット。呼ばれ方はいろいろあるけど、今回はバスマットで統一する。

 

私は、バスマットは必要ないのではないかと思っている。

 

「洗面所をびしょびしょにしてもいいってこと?」と思われる方もいるかもしれない。

 

それは違う。

 

「使い終わったバスタオルを、そのまま床に敷いて上に乗る」。私の提案はこれである。

 

このやり方なら、バスマットは必要ない。バスマットを何日前に洗ったか衛生面でひやひやしなくていいし(もはや怠惰なのか神経質なのかわからない)、そもそも洗濯しなくてもよくなるから管理の手間もなくなる。

 

最近の洗剤は進化を続けている。自転車のメンテナンスで、ひどい油汚れがついたジーパンも、下洗いなしで綺麗になった。床に置いたくらいのバスタオルなら、洗えばまた気持ちよく使うことができる。

 

お風呂に入ったあとの体を拭いているのだから、バスタオルというのは本来、汚れがそれほどつくものではない。床に置いたとしても洗剤が十分に清潔にしてくれる。

 

大学生のとき、家事に慣れてなくて苦肉の策で、この方法に切り替えたけど、思いのほか、気楽に管理運用できている。

 

ずぼらだけど、衛生面に気を使いたい。

 

そんな人には、おすすめできるやり方だと思う。