読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る、踊るは似ている。書くことはどうだろう?

身体

いままで、行為として<考える>と思っていたことが、まったく違うものなのではないかと疑問がわいた。

 

きっかけは、走っているときだ。

 

考え事(たとえば老害について)をしていると、ペースが続かず、歩いてしまう。

 

身体で考える感覚だと、走れる。

 

今日まで考えていたことは<考える>ではなかったことになる。頭で<考える>というのが以前の感覚ではある。それにしても、身体で考えてる感覚にに比べて、<考える>は浮かんでくるイメージが暗い。楽しくない。

 

一方で、踊ることは走ることに、とても似ていると思った。

 

強く地面を踏みしめるリズムが、一定の鼓動を刻みつづけるダンスに近いからだ。気づいてから走るのがより楽しくなった。思いっきり大地を蹴りたくなる。

 

書くことも、踊るようにできるといい。これから研鑽を積んでいこう。書くことに、<考える>ことは不要なんじゃないかとすら思っている。