読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本番のための練習の量

身体

最初のトライアスロンは、スーパースプリントと決めている。*1

 

本番のランは2.5kmになるから、練習では10km走れるようになろうと目標にしている。

 

本番のための練習量ってどれくらい必要なのだろう。2.5kmなら4倍走っておけばなんとかなるだろうくらいでいる。オリンピックディスタンスだとランが10kmまで伸びるから、そのために40km走りましょうというのはつらい。

 

負荷の質にもいろいろある。走ることなら、スピードと距離だろう。スピードは「この距離をこのくらいの速度で走ろう」という観点で負荷をかけるし、距離なら「今日はこれくらいまで走ろう」と最大距離としてどれくらい走るのかの観点になる。 

 

個人的には、スピードは気にせず、しばらくは最大で走ることのできる距離を長くしていこうと思う。そのうち頭打ちになってくるだろうし、レースを完走することが本来の目的だった。

 

今日は7km走った。あとは、スイムに身体をならしていこう。500m泳いだら腕が上がらなくなった。水泳は上半身のスポーツだ。

*1:オリンピックディスタンスの1/4の距離